第5回 7月31日 瀬田東

1位:川上選手:91

2位:神村選手:92

3位:古澤選手:96

4位:岩谷選手:102

 

年間トータル

1位:古澤選手:488

2位:川上選手:493(+5)

3位:岩谷選手:496(+8)

4位:神村選手:500(+12)

 

年間の折り返しとなる第5回は昨年と同じ、瀬田東コースでの開催となりました。アウトの6番では神村選手と古澤選手がともにバーディーを記録、インの17番では岩谷選手がまさかの4連続OB(ティーショット1+セカンドショット3)で14を叩くなど、盛りだくさんのラウンドとなりました。終わってみれば、ドライバーを完全封印した川上選手が第4回につづき1位となり、年間トータル2位まで盛り返してきました。また、岩谷選手が後半大崩れしたことで、古澤選手が年間トータル1位をかろうじてキープしました。

第4回 7月3日 吉川メッチャ

1位:川上選手:93

2位:岩谷選手:95

3位:古澤選手:102

4位:神村選手:108

 

年間トータル

1位:古澤選手:392

2位:岩谷選手:394(+2)

3位:川上選手:402(+10)

4位:神村選手:408(+16)

 

日程の都合で約2か月ぶりの開催となった第4回大会。第3回の大たたきで心を入れ替えて練習に打ち込んだという川上選手がついに復調し、今季初の1位になりました! 岩谷選手が後半42のグッドスコアで古澤選手との年間トータルの差を2まで縮めてきました。

第3回 5月8日 キングスロードゴルフクラブ

1位:神村選手:91

2位:岩谷選手:101

2位:古澤選手:102

4位:川上選手:108

 

年間トータル

1位:古澤選手:290

2位:岩谷選手:299(+9)

3位:神村選手:300(+10)

4位:川上選手:309(+19)

 

前年王者の神村選手がついに復活!前回までのFWトップもなく、今年のベスグロの91で、年間トータル3位に浮上しました。一方、練習不足の川上選手は108の煩悩スコアで年間最下位となりました。初代王者として次戦以降の奮起が望まれるところです。

第2回 4月17日 奈良万葉カンツリー倶楽部

1位:古澤選手:95

2位:岩谷選手:104

2位:川上選手:104

4位:神村選手:110

 

年間トータル

1位:古澤選手:188

2位:岩谷選手:198(+10)

3位:川上選手:201(+13)

4位:神村選手:209(+21)

 

 あいにくスタートから3Hほど雨に降られましたが、その後天気は回復し蒸し暑いラウンドとなりました。トリッキーなホールが多いことが幸いたのか、古澤選手がまたもや飛距離はでないが精度の高いショットで1位となりました。岩谷選手&川上選手の北摂コンビは仲良く同スコアで2位。そして、池田勇太ショックが影響したのか、またしても神村選手が110の大たたきで4位に沈みました。

 

写真:神村選手と同じMASTER BUNNY EDDITIONを着用する池田勇太選手。

f:id:gorugorugoru:20160419200431j:plain

第1回 3月20日 関西クラッシックゴルフ倶楽部

1位:古澤選手:93

2位:岩谷選手:94

3位:川上選手:97

4位:神村選手:99

 

3年目のツアーが開幕しました!

今年の初戦も昨年の初戦と同じく、天候には恵まれましたが少し肌寒く、前日までの雨の影響で緩くなったフェアウェイにたびたび苦戦するコンディションでした。結果は、距離は出ないが安定的な公務員ショットを続けた古澤選手が1位。ショットのリズムが改善された岩谷選手が2位。久々にクラブを握った川上選手が後半追い上げて3位。そしてなんと、昨年初戦1位からTOPをキープし続けて完全優勝を達成した神村選手が4位となりました。

 

写真:4位という結果に少し寂しそうに枕を抱く神村選手

f:id:gorugorugoru:20160124103418j:plain

 

 

 

2016年 ツアー・ルール

★年間順位

1位:+60,000

2位:なし

3位:△30,000

4位:△30,000および打ち上げ飲み代

 

★年間ベスグロ:全員から+3,000ずつ

 

 

第10回 12月20日  吉川カントリー

1位:神村選手:92

2位:川上選手:97

3位:古澤選手:102

4位:岩谷選手:107

 

年間トータル

1位:神村選手:925

2位:川上選手:959(+34)

3位:古澤選手:968(+43)

4位:岩谷選手:999(+74)

 

第2代チャンピオンは神村選手となりました!

神村選手は、3月の開幕試合からトップを守り続け、圧倒的な完全優勝でした。

初年度の優勝トータルが971、4位が1041でしたので、全体的にレベルがアップしたと言えるでしょう。

その他の記録は以下となっております。

 

ベスト・グロス 川上選手 88 奈良の杜

ワースト・グロス 岩谷選手 108 北六甲カントリー 西コース

 

写真:優勝した神村選手。気のせいか少し若返ったように見えます。

f:id:gorugorugoru:20160124103127j:plain